男性の更年期障害「うつ病」

若いころは健康的だった男性が40代になると、急にお腹が出てきて手足が徐々に細くなるといった変化が見られる人は特に「男の更年期障害」に注意が必要です。
もともと男らしい体格の男性が女性化すると、見た目以外に精神的にも大きなダメージが現れます。気力がなくなれば体力が機能しない、つまり、不安や苛立ちが集中力や忍耐力を損ない、しいては「うつ病」(感情障害)が出現し、頑張れなくなってしまいます。このような状態になると真面目な人ほど過去の自分と今の自分を比較してしまい、「なまけもの」になったと自分を責めるようになります。
しかし他人は気づかれないように努力しますが、もともと集中力・忍耐力の低下している状態なのでいつかは限界が訪れるでしょう。
そして他人からの「なまけもの」というイメージに耐えられなくなり、人との交流を極力避けるようになる。ついには不眠症の症状も現れ、本来は夜休めるべき脳が夜中も活動してしまうと、昼間眠気に襲われ、夜になると目が覚めてしまう「昼夜逆転」の生活になってしまいます。
当然仕事も手に付かず、体力・気力が失せた「なまけもの」の自分に悩み続け、うつ状態が長く続くのです。

うつ病の症状

うつ病の症状

◆一日中落ち込んだ気分になる
◆食欲がない
◆イライラすることが多くなる
◆昼間眠気に襲われ、夜になると目が覚める
◆やる気が湧かない
◆疲れやすい
◆何事にも興味がなくなる
◆希望が湧かない
など

うつ病の対処法

医師の処方した適切な薬を服用することによって、脳内神経伝達物質のバランスの乱れが調整されます。「薬の服用」プラス「十分な休息をとること」がうつ病治療でもっとも重要です。
自分は「なまけもの」になったのではなく、病気であることを自覚し、あせらず、マイペース治療に臨むようにしましょう。
また、うつ病治療には同居している家族の理解と愛情も大切になってきます。家族の方もうつ病についての正しい知識を持ち、温かく見守ってあげましょう。

スポンサードリンク

【「男性の更年期障害」基礎知識】カテゴリ内の記事一覧

ページのトップに戻る▲

【男性の更年期障害・原因と治療】のサイトトップに戻る▲

「男性の更年期障害」基礎知識
男性にも更年期障害がある 男性の更年期障害「うつ病」
「男性の更年期障害」の症状
男性更年期の主な症状 男性更年期障害が起こりやすい人
「男性の更年期障害」の原因
ホルモンバランスの崩れ 男性ホルモン「テストステロン」とは 男性更年期障害とストレス
「男性の更年期障害」の治療法
病院の何科に行けばいいの? 更年期障害の病院での治療法 男性更年期障害の日常生活 男性更年期と夫婦関係
「男性の更年期障害」前立腺疾患
男性更年期障害と前立腺 前立腺肥大症とは 前立腺肥大症の日常生活
前立腺肥大症以外の各種疾患
男性更年期障害と前立腺がん 男性更年期障害と膀胱がん 男性更年期障害と尿路結石 男性更年期障害と前立腺炎
男性更年期外来のある病院一覧
東京都の男性更年期専門外来 大阪府の男性更年期専門外来 関東地方の男性更年期専門外来 東海地方の男性更年期専門外来 北海道・東北の男性更年期外来 九州・沖縄の男性更年期外来
リンク集
男性の健康関連リンク集 更年期障害・うつ病関連リンク集 健康関連リンク集1 健康関連リンク集2 健康関連リンク集3 健康関連リンク集4 健康関連リンク集5 健康関連リンク集6 健康関連リンク集7 健康関連リンク集8 健康関連リンク集9 健康関連リンク集10 おすすめサイトのリンク集1 おすすめサイトのリンク集2 おすすめサイトのリンク集3
当サイト管理人より
相互リンクについて 当サイトご利用の注意